準備と知識で痒みのない温泉旅行を

持ち物を見直せば温泉旅行でもアトピーのリスクは減ります

アトピー持ちが旅行するなら準備をしっかり

肌を掻く女性

アトピーは一度痒みに襲われると、嫌な痒みが暫く続く厄介極まりない疾患です。また、掻きむしると痛みが増し、肌も傷ついてしまいます。こんな状態が長く続けばストレスは相当なものになってしまうため、症状はできるだけ改善しましょう。

旅行先で肌トラブルが起きた人の声

毎回症状が悪化するのでどうにかしたいです(32歳/女性)

旅行をして、少し体が暖かくなると嫌な痒みが背中いっぱいに広がって非常につらいです。特にお酒を飲むと体温が高くなるためか、体のあちこちが激しい痒みに襲われてボリボリ掻いてしまいます。そのため、せっかくの旅行でもアトピーを恐れてあまりお酒を飲むことができません。掻きすぎると温泉に入る時に肌を掻きむしった痕がバレるのでコソコソ入ってしまいます。

アトピーは一度発症すると非常に厄介な疾患ですが、きちんと対策を練って準備しておけば症状を抑えることは難しくありません。下記サイトでは、アトピーに関する詳しい症状と基本の対策方法が紹介されているので、参考にしてみましょう。

旅行時に持っておくべきものとその理由

アトピー対策は持ち物の見直しから始まります。ここでは、そんなアトピーの症状を抑えるためのアイテムとその理由を紹介していきます。

持ち物の中で必須といえるのが、塗り薬です。アトピー用の抗ヒスタミン剤やステロイド系塗り薬を持っておくと、体が本格的に痒くなる前に塗ることができます。また、薬を飲むと痒みを抑えることができます。飲めば眠くなるお薬は、移動中に服用するとよいでしょう。移動中に寝て目的地に着けば、薬による眠気が覚めて旅行を満喫できます。また、寝る前は飲み薬を飲み、それ以外は塗り薬で抑えるという手段も有効です。
寝間着
意外と多くの人が見落としているのが、寝間着です。旅行先には寝間着が用意されていることが多いですが、その寝間着が肌に合わなかった場合、激しい痒みに襲われる可能性があります。その結果、寝間着に血がついてしまうこともあるので、いつも使っている寝間着を入れておけばぐっすり眠りやすくなります。
シャンプーや石鹸
もし、体の痒みをシャンプーや石鹸で抑えているのであればこれらも持っていきましょう。なぜなら、温泉旅行に行く場合、置いてあるシャンプー類が普段使っているものと違う場合が多く、その結果痒みを感じることが多いからです。多少かさばるかもしれませんが、できるだけリスクを避けたいのであれば持っていくことを推奨します。
スキンケア用品
スキンケア用品は、コンパクトサイズなものが多いので持ち物の中にできるだけ入れておきましょう。特に乾燥肌を防ぐアイテムは必須といえます。なぜかというと、風呂上がりにケアせずにいると肌が乾燥してしまい、その結果痒くなる可能性があるからです。ホテルや旅館にあるスキンケア用品は、普通肌を基準としておいていることもあるので、敏感肌の方は自分のケア用品を持っておくと安心です。
日焼け止め対策
夏場ではスキンケア用品と同じく、日焼け対策もきちんと忘れないようにしましょう。日焼け止めクリームで肌を保護し、日傘やサンバイザーなどで紫外線から肌を守ることで痒みに悩まされにくくなります。日焼けによる乾燥はアトピーを悪化させやすいのでお気をつけください。
汗の対策
旅行先では、移動が多いので汗をかきやすくなります。また、温泉に入るならば汗をかいてしまうこともあるでしょう。汗をそのままにしているとアトピーは悪化してしまい、痒みがひどくなってしまいます。そのため、汗の対策グッズはできるだけ準備しておきましょう。具体的には、吸水性の高いタオルやハンカチを持ち歩き、汗をかいたらすぐ拭えば、アトピー発症のリスクを減らすことができます。

持ち物以外にも大切な準備

アトピーが発症する原因はストレスです。ストレスを感じることにより、体のあちこちで肌に悪影響が発生し、痒みが生じます。そのため、旅行にいく場合は前日からではなく、数日前から規則正しい生活をして体調を整えましょう。なぜかというと、体調が悪いと肌に悪影響が出やすいからです。他にも、体調が悪いとアトピー以外にも病気を発症する恐れがあるので、日々を健康的に過ごして旅行を楽しみましょう。

アトピー持ちに魅力的な温泉旅行

アトピー持ちの方におすすめできるのが温泉旅行です。「風呂あがり後は体温が高くなり痒みが生じる」と前述しました。しかし、その問題の対策さえ練っているのならば、温泉の効果はアトピーの改善に大きく役立つことが多いです。

温泉がアトピーにどう作用するのか

アトピーが温泉に作用する理由は3つあります。1つは、温泉の成分がアトピーの原因の一つである黄色ブドウ球菌を殺菌します。そして、もう一つが温泉に含まれているミネラル分が殺菌以外にも肌に有効な効果を及ぼしてくれます。3つめが血行改善による体質改善の効果です。温泉に使って結構を良くすることで体質を改善する作用が得られます。その結果、アトピー改善に繋がることもあるのだとか。下記サイトでは、アトピーと温泉に関する効果・効能等が紹介されているので、参考にしてみましょう。

アトピーに効果的な温泉成分

まず、基本は酸性のお湯がおすすめです。皮膚の表面は弱酸性だから馴染みやすいのです。アトピーの治療をしたい場合は、酸性泉の他にも炭酸水素泉、硫黄泉、放射能泉、単純温泉などがあります。色々と比べてみて、気に入った温泉があれば入ってみましょう。敏感肌の場合は、単純温泉がよく、効能が幅広く、基本的にどこの名湯も単純温泉だから選びやすいです。

ストレス解消もアトピーに効果的

温泉旅行がアトピーに良いもう一つの理由が「ストレス解消」することができるところです。アトピーの原因の一つにストレスがあり、強いストレスを感じることで体の自律神経が乱れ、痒みが生じやすくなってしまうのです。しかし、温泉でいつもとは違う環境でリラックスしたり美味しい食事を食べたりすることで普段のストレスが軽減され、アトピーの症状を抑えることができるのです。

TOPボタン

Copyright©2017 旅行の持ち物を見直そう~アトピーの痒みを抑える方法~ All Rights Reserved.