準備と知識で痒みのない温泉旅行を

温泉旅行の際にはアトピーに効く温泉を探しましょう。

  • TOP
  • >
  • 温泉による効能

アトピー肌におすすめの温泉地~温泉によって効果は異なる~

温泉に入っている女性

温泉旅行がアトピーに良いといっても、全ての温泉がアトピーに効くわけではありません。むしろ、温泉によっては悪化してしまうケースもあります。ここでは、温泉の選び方と、アトピーに効く温泉を紹介します。

温泉を選ぶ時の注意点

ここでは、温泉を選ぶ際の注意点を紹介します。アトピーを悪化させる可能性のある温泉に気をつけて旅行先を選びましょう。


避けた方が良い成分を教えてください
アルカリ性の温泉は推奨できません。アルカリ性の温泉は皮膚の角質を溶かしてツルツルにするので美肌効果はあります。しかし、アトピーの場合は皮膚の保湿の役割を持つ皮脂まで溶けてしまうので、乾燥肌になりやすく、余計に体が痒くなってしまいます。また、軽度のアトピーの場合1~2回軽く入浴する程度ならばそこまで問題ではありません。ですが、何度も継続してお風呂に入るとアトピーは悪化してしまうのでお気をつけください。
成分の他に注意することはありますか?
アトピーの症状があまりにもひどい場合は、入浴そのものを控えた方が良いかもしれません。症状が悪化している時期に熱いお湯や、肌に刺激の強い成分に浸かるというのは強い刺激を与えてしまいます。そのため、症状が悪化しやすくなるのです。よって、アトピーの症状を和らげ、状態が良くなってから入るようにしてください。軽度のアトピーなら温泉はアトピーの治癒に大きな効果を与えてくれます。

アトピーに効果的な温泉地の一例

ここでは、アトピーにも効果のある有名な温泉を紹介します。温泉街としても有名なところが多く、どこも温泉旅行に最適です。

兵庫県・有馬温泉
日本神話にも登場する由緒正しき温泉です。中でもアトピーに効果が期待できるのは、金泉と呼ばれる鉄分を含んだ赤褐色の温泉です。金泉は海水の二倍程度の塩分濃度であり、殺菌力の高さで知られています。なお、有馬温泉街は温泉街としても有名であり、観光地として栄えているので温泉以外にも温泉街をぶらりと歩くのも楽しめます。
群馬県・草津温泉
日本を代表する温泉の一つです。草津温泉は万病に聞くとされ、アトピーの原因の一つでもある黄色ブドウ球菌の殺菌効果が高いとして知られています。温泉は酸性泉であり、マンガンイオンとヨウ素が含まれています。この2つが肌の回復力を高めるといわれており、殺菌と肌の修復を同時に行なうことができるのです。
茨城県・五浦温泉
茨城県にある五浦温泉もアトピーに効果がある温泉です。ちなみに「いつうら」と読みます。五浦温泉にある白泥湯がアトピーに効果があり、温泉に含まれるカリオナイトと呼ばれる成分に肌の殺菌及び集副作用があります。なお、五浦温泉付近には五浦海岸の断崖に湧き出す温泉であり、温泉宿から絶景の眺めを楽しむこともできます。

治療目的の温泉旅行なら長めに滞在

もし、温泉旅行の目的が観光ではなく本格的な治癒を行なう場合、長期滞在しなければなりません。なぜなら、一泊二日程度ではさほど効果を得られず、4週間は通わないと効能が発揮されないからです。また、最初の2~3日の間は1日1回程度の入浴にとどめ、体を慣らす必要があります。慣れ始めたら入浴の回数を増やし、1日に3回程度の入浴を行ないます。なお、泉質によっては悪化する恐れもあるので入浴前に温泉施設に確認をとっておきましょう。

温泉旅行を思い切り楽しむために~アトピーを考えた入浴のコツ~

治療ではなく、純粋に温泉旅行を楽しみたいのであればアトピーを悪化させないように楽しむ必要があります。ここでは温泉旅行を気兼ねなく楽しむための入浴のコツを紹介します。コツさえ掴めばアトピーを悪化させず温泉を楽しむことができます。

アトピーを悪化させない温泉の楽しみ方

まず、アトピーを悪化させない温泉の楽しみ方を紹介しましょう。主に、入浴時間やアフターケアが重要となります。

入浴時間の目安はありますか?
なるべく短めにするのがポイントです。その理由として、長く入りすぎることにより血行が良くなりすぎて痒みが発生しやすくなるからです。また、長く入りすぎると逆に体力を消耗してしまい、体の抵抗力が弱まってしまいます。その結果、肌のバリヤ機能が弱まり、乾燥肌になりやすくなってしまいます。よって、長湯はかえってアトピーを悪化させてしまう恐れがあるのです。長湯でのぼせる可能性もあるので、適度に温まったら早く上がりましょう。
アトピー持ちだと温泉がしみないか不安です
アトピーの症状がひどい時は入浴しない方が良いかもしれません。ひどさにもよりますがより症状を悪化させる恐れがあるばかりか、余計に痒くなってしまう可能性があるからです。なお、アトピーは軽度でも痒くなるのが少し不安な場合は、痒い部分にワセリンを塗って入浴することを推奨します。ワセリンならばお湯の成分から肌を保護できるので肌の刺激を軽減することができます。
入浴後の注意点
お風呂上がりはシャワーもしくはかけ湯を行ない、体を洗いましょう。温泉の成分が肌に刺激を与えている場合、肌にダメージを与えてしまい痒みを引き起こす原因になるからです。また、化粧水などでアトピー部分を重点的に保湿し、乾燥肌にならないようにしましょう。これらを行なうことで、アトピーの負担を大幅に減らすことができます。

人目が気になる人の場合

人の中には、アトピーで赤みがさしている肌を見せたくないという人もいます。ここではそんな時の対処方法を紹介します。

人に見られるのが嫌です(36歳/女性)

アトピー持ちであり、背中をついつい掻きむしってしまうため、私の背中はとてもひどい状態です。また、右肩と左腕にも掻きむしった跡があり、正直鏡を見るのもつらい状態です。人が少ない時にこっそり入るか、さり気なくタオルで隠して見えないようにしていますが、コソコソと動かなきゃならないのがとても情けないです。

一人旅ならまだしも、友だちと温泉旅行に行く時にはアトピーを見られるリスクもあり、入るのをためらってしまうケースもあります。そんな時の対処方法として、入るタイミングをずらして見つからないようにするか、上記の女性のようにさり気なく隠して入るという手段があります。特に入るタイミングをずらすと裸を見られるリスクを減らすことができます。

TOPボタン

Copyright©2017 旅行の持ち物を見直そう~アトピーの痒みを抑える方法~ All Rights Reserved.